プロフィール第2弾!なぜ、スピリチュアルに足を突っ込んだ?

記事上広告コードです

 

それは、突然に始まった。全く予期せぬ悪夢ような出来事が!

前日の夜から東京は六〇木で明け方まで、どんちゃん騒ぎをしていて、散々、飲み疲れていたのですが、とても親しかった友人に「お願いだから、一緒について来て」と懇願されて 、連れの二人とタクシーに女性四人だけで乗り込み眠い目をこすりながら向かった先は、生垣のある立派な門構えの家でした。

いきなり「着いたから」と言われて、えっ!もう着いたの?」どの位、走ったのかも寝込んでいたので定かではありませんが、ふらつく足を引きずりながら一瞬酔いが醒めたのか?「何でこの家に来たんだろう?」訳が分からなかったのです。嫌な予感がして「ここには絶対に入りたくない。もう帰りたい!」

「さ、入って」と背後から大きな声がして、もう一人が無理矢理私を玄関口から引きずり込もうとしました。私は力づくで抵抗して、そばにある生垣にしがみ付いたのです。そうしたら、何と後ろから三人掛かりでへばり付いている私を引っぺがそうとして、取っ組み合いにならんばかりでしたが・・・如何せん、多勢に無勢ですから叶う訳がありません。

そればかりか、一緒について来てほしいと言った友人もグルでした(泣)

あきらめて仕方なく、玄関からトボトボと入って行きました。もう辺りには、さんさんと夏の日差しがさし込んで暑くて、まぶしかったのを今でも強烈に覚えています。

家の中に入った私は、二階に通され畳に少し横たわっていました。

音もなく近づいて来た、仲間の一人がいつのまにやら作務衣に着替えて表れ「起きなさい、起きて正座をしなさい!」と命令するのです。私は、しぶしぶ起き上がり服を整えて、座り直しました。約二十畳位は、あろうかと思われる板敷の上にところ狭しと並んでいる 赤や黒の大小のお厨子。その一番高いところに祀ってあった大きな真っ赤なお厨子に向かって、正座をさせられた私・・・

悲しくて、惨めでした。「何の因果でこんなところに朝早くいるのだろう?」

そこに、あの作務衣を着た坊主頭の女性がいつの間にか出て来て、左右と後ろだけに綱を張りめぐらした、一段高いところに座り私に「今から般若心経を上げるので、一緒に唱えなさい」と言うのです。何とエラソーにと思いましたが、その人に従ってボソボソと唱えていました。

ふと振り返ると何故か二人が並んで座ってて、一緒に読経を始めたのでした。

多分、御本尊だと思われるところに座った人が一番偉い人なんだって私は確信しました。そのお堂?のようなところにお経がこだまして、線香の煙でむせ返らんばかりです。「なんだか、やけに不気味な雰囲気で、朝っぱらから気が狂ってる!」(怒)

でも、逃げ出す事ができません。後ろも固められてますので、絶対絶命です。

私は、その当時神仏とは全く縁がなかったのですが、経本を見ながら子羊のように小さい頃におばぁちゃんに教わった、たどたどしいお経を震えながら唱えました。

すると、その先生とおぼしき人物がいきなり〝錫杖”を二本両手に持って台座でガチャガチャと金属音のキーンとした音まじりの鳴り物入りで振り始めました。

少し時間が経って何を思ったか突然、私の方を振り返って〝正座”のままで(ええっ!)その綱のようなものをポンと飛び越え、こちらに向かって来るのです。(ガクブルMAX)

怒り狂った私が最後の手段の逆襲に出る!

それも背後に立たれて、しゃくじょうを振り上げ背中を思いっきり叩くのです。私は声も上げれずに痛さでうずくまりました。そして、下から上に向かって、これは凶器です。金属バットの小型版のような(激怒)親にも殴られた事がない「私の体を〝きずもの’にしやがって!」

記事中広告コードです

怒り心頭になった私は、その先生とやらの最後の一振りである!右の腕を振り上げた時!首の後ろの”ぼんのくぼ”に当てようとした瞬間に振り返り、渾身の”眼力”で相手を見据えたのです。そしたら、何と金属の〝錫杖”が斜めに切れて!ご本尊とやらを目がけてすっ飛んで行き、その真っ赤な漆の扉にぶっ刺さたんです!(やったー!)

勿論、私の手は指一本触れていません!

私も驚いたのですが、その中腰だった先生とやらは腰を抜かしていました。でも、あの一撃が当たっていたら私は今頃生きてはないでしょう。なんせ、致命傷ですから!

その後、Z状にみみずばれになり、ずっと主治医だったドクターに、これは何?この跡はと?聞かれましたが一切話していません。その後にやはり、別の方に同じような事があってやられた方は、何年か後に 後遺症だと思います。で、クモ膜下になり、口がきけなくなって左半身不随 になったと耳にしました。

私が許しても天が許さない、そう思って逆襲に出た!

この件や私の事が切っ掛けになり自らが覚醒したんだと断言できます!「ゆ、許せん!」こんな人殺しのような修験道だか、何だか知らないけど(激怒)そこから燃えるような使命感?を持ちました。

今、だから言えるんです。30年以上も前の事を・・・真実です。

私は、こんな事が許されるのか?!許せないと思い。きっと、潜在意識からの馬鹿力が発動したのか?神の救いなのか?今もって釈然としませんが、後者だと考えています。そこから啓示を受け、念ずると叶うようになって来ましたから。胡散臭いと思いますか?そうでしょうね。信じて貰えなくても、事実なのです。

そこから、引き寄せやシンクロニシティが始まる

その後にお会いした師匠となる方に導かれて、古神道と陰陽道を習得しました。と言うよりもこれは、いわゆる〝引き寄せ”だったんだと理解しています。

そこから修行が始まり、やっと開業して東京都心の片隅で数限りない方々のサイキック・ヒーラーやスピリチュアルカウンセラーや又、コンサルとして30年間務めて参りました。

勿論、コンサルはスピリチュアルではない、普通の企業家の方やご商売の方もいました。

でも、私の場合はラッキーだったのとサイキックは別として、ヒーラーやカウンセラーは習得すれば誰でも成れるのです。必要とあらば私が教えます。又、コンサルも致します。ネットのツールを生かしてあらゆる事をして行きたいと考えています。

もたもたしていると時代に置いて行かれる!

これからの時代は、全てが自己責任社会となり、自らを自衛しなければなりません。それには、副業をするか、起業するかの二択の時代です!そして、収入を得なければなりません。絶対の必須条件です!「アクティブシニアの皆様」年金も今まで通りではありません。不安定になりますので注意が肝心です。

世の様変わりは、猛スピードです。少なくとも、29種類の仕事が世の中からなくなります!その中で生き抜いて行かなければ、ならないのです!この混迷の時代に又、凄まじい世の移ろいに私だけが、ぼけっとして見ている訳にも行かずに、私が体得したキャリアや知恵を生かして、あなたに生きている内に伝えたいと心からそう思ったのが、切っ掛けです。

もし、このブログで〝感動や成功”を与える事が出来たらそれはそれでとても、嬉しい事です。但し、綺麗ごとばかりじゃ通りません。それと共に私に共感して頂けて、心の通じ合える仲間達が増え、多岐に渡るビジネスパートナーやwinwinの関係になれたら願ってもない喜びです。

ブログを通してあなたに出会えたことや、最後まで飽きずに読んで下さった「あなた」に感謝します。

記事下広告コードです